2008年5月10日(土)、スズキチルドレンコンサートが沖縄県で開催されました。
このスズキチルドレンコンサートは、かつて1964年から30年間にわたり、
20ヵ国384都市で483回にわたるコンサートを行なった「スズキ10チルドレンコンサート」の国内版として、
昨年からスタートしたものです。
おりしも、沖縄の地にスズキ・メソードが導入されて25周年、
そして沖縄地区独立10周年という節目の年に、全科のコンサートが開催されたことになります。
全国から集まった9人の子どもたちが、沖縄県の子どもたちと交流しました。
速報版でお伝えしましょう。



沖縄に向かった子どもたちと先生方で記念撮影したのは、那覇市の首里城にある「守礼門」でした。いい演奏には、やっぱりいい顔ですね。
トップバッターは古市琴梨さん(8歳)ヘンデルのソナタ4番です 高松優至くん(12歳)は、モーツァルトの協奏曲第5番第1楽章 東浦圭佑くん(11歳)はドビュッシーの「喜びの島」 鈴木紗絵さん(12歳)はジュナンの「ヴェニスの謝肉祭」
小林世佳さん(11歳)は、ポッパーの「ハンガリアン・ラプソディ」 上牧哲大ひくん(9歳)はサラサーテの「チゴイネルワイゼン」 北川千紗さん(11歳)、香月麗さん(11歳)、近藤愛花さん(10歳)でモーツァルトのピアノトリオ第6番 第一部の最後は、9人全員でフィオッコの「アレグロ」でした
休憩時間の楽屋にあったのがスナックパイン。手でちぎって食べます 第二部は鈴木裕子先生による講演「姪から見た鈴木鎮一」でスタート 沖縄地区トップは金城瑠奈さん(8歳)ベートーヴェンのソナタop.49-2 花城聖香さん(12歳)はモーツァルトのソナタK.331の第2楽章
中山未穂乃さん(9歳)と知名真理華さん(11歳)による連弾はチャイコフスキーの「くるみ割り人形」 砂川知妃呂さんのソロと沖縄地区ヴァイオリン科の先生方の伴奏による「琉球わらべ歌メドレー」 斉奏では、沖縄に渡った子どもたちと沖縄在住の子どもたちでヘンデルの「ブーレ」などを演奏しました 最後は、パッヘルベルのカノンの調べが会場にこだましました
パッヘルベルのカノンを正面から見た画像です。満員のお客様からは「感動をありがとう」の声が届きました

会場となった沖縄県南城市文化センター シュガーホールの中庭で、全員で記念撮影しました。皆さん、素敵な演奏をありがとうございました!