母語のように(教育法)

スズキ・メソードは「母語教育法」です

赤ちゃんは毎日繰り返し耳にしている言葉を、いつのまにか話せるようになります。それを誰も特別なこととは思いません。お父さんお母さんがていねいに、よく話しかけることで、言葉が話せるようになり、たくさんの言葉を身につけていきます。それは赤ちゃんにとって、十分刺激を受ける、恵まれた環境といえます。

母語(ぼご)とは、幼児が最初に覚える言語のことで、第一言語ともいいます。これまでは母国語という表現が一般的でしたが、最近の研究で必ずしも言語が国家と結びつくものではない、という考え方から、スズキ・メソードでは母国語をすべて母語と表記するようになりました。

  • 環境

    まずよい演奏を繰り返し聴きましょう。

    母語が育つときと同じように、

    生活の中に音楽が溢れる環境をつくりましょう。

  • 能力

    お父さん、お母さんのように話したい!

    赤ちゃんが言葉を話し始めるときのように、

    弾いてみたい! という心を引き出すことが大切です。

    レッスンを見学して心の準備、受けとる準備をしましょう。

    そこから意欲は生まれます。

  • 喜び

    自由に話したい! という気持ち、

    あの曲を弾きたい! という気持ち、

    それを達成したときの喜びが、

    さらなる向上心となって次の意欲を生み出します。

才能教育五訓

1.より早き時期

2.より良き環境

3.より多き訓練

4.より優れたる指導者

5.より正しき指導法

このページの先頭へ