アメリカ イーストテネシー州立大学のレベッカ・パルッツィ先生から
スズキフルート研究大会の速報が届きました!

 6月24日から7月2日まで、アメリカ、イーストテネシー州立大学において、第33回イーストテネシー・スズキフルート研究大会が開催されました。主催者のレベッカ・パルッツイ先生から、以下のような報告が届きました。

 日本から、スズキ・フルートの創始者であり、指導曲集の著者である髙橋利夫先生を特別講師としてお招きしました。この研究大会には、アメリカ国内だけでなく、オーストラリア、アルゼンチン、日本、台湾から多くの先生や子どもたちが集まりました。スケジュールは次のとおりです。

 6月24日:Every Child Can!
 6月25日〜7月2日:指導曲集第1巻
 6月26日〜7月1日:高橋利夫先生による講習
 6月26日〜7月1日:フルートとピアノの子どもたち
 7月2日:高橋利夫先生によるマスタークラス

英語もお得意の髙橋先生。講義も和やかな中で行なわれました子どもたちへのレッスン 髙橋利夫先生による講習は、日本の指導者研究会と同じもので、それに加えて毎日マルセル・モイーズの「Tone Development through interpretation 」による「音楽表現法」の講義が行なわれました。

 参加の子どもたちには、毎日マスタークラスがあり、音とテクニックのクラス、指導曲集のクラス、合奏や上級の小編成によるアンサンブル、オーケストラのクラス、リズムと動き(movement)のクラスなど様々なクラスのレッスンが行なわれました。

 期間中、コンサートも数多く行なわれましたが、特別ゲストとして、宮前丈明先生(2016年4月から松本の国際スズキ・メソード音楽院のフルート科教授)宮前丈明先生のリサイタルを6月30日にMathes Music Hallで開催しました。これは地域のコンサートシリーズの一環として行なわれ、市民にもプレスリリースで広く広報されたのでした。

 7月1日には、参加したすべての子どもたち、先生、講師の先生たちが演奏して、お祝いコンサートを行ない、この感動的な研究大会を終了しました。

 7月2日に、高橋先生の驚くような素晴らしいマスタークラスをもって、終了しました。参加した多くのスズキ・メソードのフルート指導者は、今まで高橋先生の子どもたちへのレッスンを直接見る機会がなかったので、きっととても価値ある経験になったことでしょう。

 7月1日の晩には、研究会最後の祝賀コンサートで高橋先生は指揮をされました。
 指導者のグループはモーツァルトのフルート協奏曲ニ長調第1楽章ドンジョンのカデンツァ付きを演奏し、それに続いて、歌劇「フィガロの結婚」から伯爵夫人のアリア「Dove Sono(楽しい日々はどこへ)」を演奏しました。これは高橋先生がTone Developmentのクラスで、期間中毎日指導された何曲かのアリアのうちの1曲です。しかし最後のコンサートでこのようにアリアを演奏したのは、初めてでした。これが新しい伝統の始まりであって欲しいと思います。指導者クラスの2曲の演奏の後、子どもたちが加わって演奏しました。

 私たちは、オーストラリア、アルゼンチン、台湾、アメリカの12の州からの参加者たちのお世話をとても楽しんでさせていただきました。高橋先生のご指導の下で、研究会期間中は、大きな力に励まされるように感動的で、スズキ・メソードの真の精神に満たされていました。

 2017年6月にも高橋先生がまたこの研究会に来てくださることを願っています。そして多くの日本の指導者や生徒さんたちが参加していただけるよう、計画を立ててくださることを希望しています。喜んで皆さんをテネシーにお迎えしますので。



 ここに、7月1日の祝賀コンサートに関して、私宛に送られてきた一通の手紙があります。おそらく、これが今回の研究会をまとめてくれて、公開する価値のあるメッセージですので、紹介しましょう。

「私は、先週の金曜日の祝賀コンサートは『the best EVER!(今までで最高だった!)』と、どうしてもあなたに手紙を書いて言わなければ、と思いました。研究会期間中、高橋先生の下でモーツアルトを学んだTeachers trainerたちは、絶妙な美しい演奏をしました。彼らは皆、正確な音程で、揃っていて、ダイナミクスも正確に合わせていました。まるで1本のフルートで演奏しているように聴こえました。そして子どもたちが加わって、グルックのメヌエットを演奏した時、私はきっといろいろな音がして音程も違っているだろうと予想したのです。しかし、予想に反して、その響きは音楽に満たされたものになりました。それは、スズキ・メソードがすべてに行き渡っているということを雄弁に物語っていました。素晴らしい経験と思い出をありがとうございました。  

Pat Sheets,PhD」



アメリカ スズキ・フルート科指導者 レベッカ(ベッキー)・パルッツイ
→イーストテネシー州立大学公式サイト
→第33回イーストテネシー・スズキフルート研究大会
→アメリカスズキ協会公式サイト

Happy First Day of Summer!

Rebecca Paluzzi, Flute Teacher / Teacher Trainer We welcome Master Teacher, Toshio Takahashi, founder of the Suzuki Method for Flute, author, and pedagogue, to the 33rd East Tennessee Suzuki Flute Institute International.

 The Institute is being held June 24- July 2 with faculty and participants from Australia, Argentina, Japan, Taiwan, and 12 states. The Institute will offer “Every Child Can!”, a pre-requisite course for Suzuki Teacher Training, Book 1 Teacher Training, and Mr. Takahashi’s course for experienced Suzuki flute teacher, Japanese Master Teachers Course. In addition, Mr. Takahashi will teach a daily class from Marcel Moyse’s “Tone Development through Interpretation. There will be daily masterclasses, tone and technique classes, and repertoire class for Suzuki flute students. Students may also participate in Flute Choir, Advanced Chamber Ensemble, Orchestral Excerpts Class, and a Rhythm and Movement Class.

 I want to let you know about two events of interest to the greater community which are taking place in conjunction with the 33rd East Tennessee Suzuki Flute Institute International. The following is extracted from our press release. We hope that you will have the opportunity to join us for these events.

 As a contribution to the community, the Suzuki Flute Institute offers a series of public concerts.
 A Guest Artist Recital featuring flutist Takeaki Miyamae, accompanied by ETSU faculty pianist Jerilyn Paolini, will be held Thursday, June 30, at 7 p.m. in the Mathes Hall auditorium. A native of Japan, Miyamae has performed in Europe, North America, Taiwan and Japan and has won top honors in numerous international competitions. He began his studies at age 9 with Takahashi and continued his training for several years with Marcel Moyse and Louis Moyse.
In addition to performing and recording, Miyamae is a faculty member of the Westmoreland Suzuki School of Music in Greensburg, Pa., and frequently serves as guest faculty at Suzuki flute institutes and academies in both the United States and Japan.

 Tickets for Miyamae’s recital are $15 for adults, $10 for seniors and $5 for students with ID. These may be purchased at the door or in advance by calling 423-439-4276.

 The annual Suzuki Celebration Concert concludes the week with performances by students, flute teachers and institute faculty. This free public concert will be held Friday, July 1, at 7 p.m. in the Mathes Hall auditorium. Families are encouraged to bring young children.

 A flute masterclass with Toshio Takahashi will be held Saturday, July 2, beginning at 10:00 AM .

 The 33rd East Tennessee Suzuki Flute Institute international concluded on Saturday, July 2, 2016 with a marvelous master class taught by Mr. Takahashi. Many of the Suzuki teachers had not had an opportunity previously to watch Mr. Takahashi give lessons to children, so if this was a very valuable experience for them. 

 On the previous evening, Mr. Takahashi conducted the final celebration concert on which the teachers group performed the first movement of Mozart's flute Concerto in D major with Donjon cadenzas, followed by a performance of Mozart's aria from The Marriage of Figaro, Dove Sono. This was one of several arias that Mr. Takahashi taught in his daily Tone Development class, but it was the first time that one of the arias had been performed on the final concert. We hope that it is the beginning of a new tradition. 

 Following the two pieces performed by the teachers class, the students joined for the remainder of the concert. 

 We enjoyed hosting participants from Australia, Argentina, Taiwan, and 12 American states. Under Mr. Takahashi's direction, the week was inspiring and was filled with the true spirit of the Suzuki Method.

 We anticipate that Mr. Takahashi will return to our institute in June 2017, and we hope that many Japanese teachers and students will make plans to attend. We would be delighted to welcome you to Tennessee!

 Here is a letter sent to me concerning our Institute Celebration Concert. Perhaps it sums up the week and is worth printing.

Hi Becki;
I felt I should write to you and tell you that last Friday's Celebration Concert was the best EVER! The teachers trainers who studied with Mr. Takahashi during the week on the Mozart played exquisitely. They were all exactly on pitch and together and their dynamics were synchronized; it sounded like one flute playing. And, when the young students joined them for the Gluck Minuet, I expected random notes and pitch differences , but no, the sound just got fuller. It just spoke volumes that this is what Suzuki method is all about. Thank you for the great experience and memory.

Pat Sheets, PhD


Rebecca Lile Paluzzi
Professor of flute and director of the Suzuki Studies Program in the ETSU Department of Music
→ETSU
→East Tennesse Suzuki Flute Institute 2016
→SAA