スズキデー記念ピアノコンサート(東海地区)を開催!

クリックで拡大 1120日(日)、風もなく穏やかな晴天に恵まれ、ここ東海地区では鈴木先生に感謝の気持ちを込めて、子どもたちによる、スズキデー記念ピアノコンサートを開催いたしました。たくさんの生徒と委員長、並びに多くの先生方のご協力のもと、初めての会場でしたが、お陰様で無事に終了できましたことをお礼申し上げます。

 会場は約1年前にオープンしたばかりの東海市芸術劇場大ホールです。東海市と聞いて誰しも遠いイメージを抱きましたが、名鉄「名古屋駅」から中部国際空港・河和・内海方面の特急電車で約15分の名鉄「太田川駅」に直結していて、とても便利で、大変素晴らしく立派で申し分のないホールに感激しました。

 出演生徒は延べ141名、プログラムはデュオ・3台の斉奏・連弾(4手、6手)・ソロ・ごあいさつ・リレー演奏と盛りだくさんの内容で、日頃の練習の成果を出し、皆がんばって演奏しました。

クリックで拡大 「ごあいさつ」では、これからおけいこを始める子(キラキラ星変奏曲(A)カスタネットによるリズム打ち)とおけいこを始めたばかりの子(キラキラ星変奏曲(A)ピアノ演奏)2歳~6歳が揃って演奏と一茶の俳句唱和をしました。どの子もお母様の付き添いなしで、立派に初舞台に立ち、大きな拍手を頂戴し、きっと良い思い出になったと思います。

 カスタネット演奏に出演した2歳のお子さんのお母様から、次のような素晴らしいご感想をいただきました。

 「初めての舞台で、果たして本人ができるのか、できないのかも分からない状態で、先生のおっしゃっていることも、『うん、うん』とは聞いてるものの、本当に分かって頷いているのかもわからず、とりあえず愛嬌でやってみよう!!という勢いだけで挑んだ初舞台でした。蓋をあけてみると他の子と同じように挨拶をし、カスタネットをがんばり、きちんと歩き、俳句を言えないなりにがんばりただ背は小さいですが、周りの子にもよい影響を受け、泣くこともなくがんばることができたのは、とても良かったと思っています。クリックで拡大最初は、できるのかなーと思っていたことも周りに影響されてできることもあるとわかりました。終わってから、『よくがんばったねー』とほめたのが嬉しかったのか、次の日カスタネットを持って来て、『キラキラやるー』と持って来たのにはびっくりしました! これをきっかけに自分も参加するんだという意識をつけていきたいです。

 その他のお母様からも「とても良い経験をさせてもらえて良かったです」と喜びの声をいただきました。

 3台斉奏に出演した子どもたちは
「楽しかった!最初はすっごく緊張したけれど、楽しかった!」
「お友だちと一緒に同じ曲が弾けたのがすごく楽しかった!」
「家での練習は時々嫌な時もあったけど、お友だちと一緒に弾けてとても楽しかった!」
など、同じ教室に通う子同士だったり、他教室のお友だちと一緒に演奏する喜びを語ってくれました。

 子どもたちが毎日一生懸命練習をし、緊張しながらもコンサートの舞台に立ち、舞台から客席を見下ろす最高の眺めを知ってもらい、がんばってやればできるんだという自信と喜び、そして達成感を勇気と意欲を持った子どもたちに成長させ、次の舞台へ繋げたいと思います。

スズキデー記念ピアノコンサート「東海」実行委員長
ピアノ科指導者 今井弓美子