才能教育会館が、5月31日、装いも新たにリフレッシュ!

ヒマラヤ杉の大木のあったところにエレベータを新設。3階のホールへの出入りが楽になりました。なお、ヒマラヤ杉は、正面入り口の木製ドアの材料として再利用されています 才能教育研究会創立70周年記念事業の柱のひとつとして、建設から50年経過した才能教育会館を、今後も安全で快適に使用するため、昨年10月から今年5月末までの日程で、耐震改修工事を行なってきましたが、5月31日に終了しました。初夏の松本にふさわしい、リフレッシュとなり、スズキ・メソードの聖地として、ますます皆様のお役に立てられる会館となりました。
 主なリフレッシュポイントは、以下の4点です。
①耐震工事
②エレベータの新設
③バリアフリー化
④防音レッスン室の設置

 7月31日から第66回夏期学校が開催されます。リフレッシュした才能教育会館は、まつもと市民芸術館の目の前。世界中から各楽器の指導者が訪れ、鈴木鎮一先生のもとでスズキの真髄を学ばれた場所です。と言っても、敷居は、決して高くありません。夏期学校などで松本を訪れた際は、気軽にお訪ねください。

 5月1日からは、今回の工事に対してご寄附の受付をスタートさせ、たくさんのご寄附をいただきました。ご寄附の金額に応じて、皆様の記念になりますよう、会館内に皆様のお名前を刻印した銘板を掲示させていただいたり、会館ホールの椅子にお名前を刻印したプレートの掲示もさせていただきます。

 なお、引き続き、ご寄附の募集を継続中です。ぜひとも多くの皆様に趣旨にご賛同いただき、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。詳しくは専用サイトをご覧ください。

ご寄付お申し込み方法
「申込書」と「寄附金」をお送りください 。両方が確認できた方から受付させていただきます。専用ページの申込フォームが利用できます。また、申込書をダウンロードしていただき、ファックスやメールで送っていただく方法もあります。寄附金も、現金書留、銀行送金、クレジットカードのご利用など、ご希望の方法で受付させていただきます。
詳しくは、下記の専用ページをご覧ください。