第54回甲信地区大会を、10月21日(日)に開催します!

 歴史あるスズキ・メソード甲信地区大会では、毎年、長野県と山梨県の生徒たちが一堂に会し、素敵な演奏を繰り広げます。10月21日(日)13:00開演で、夏期学校でおなじみのキッセイ文化ホール大ホールで開催されます。上の写真は、9月29日(土)に才能教育会館ホールで行なわれた、桐山建志先生による練習風景です。

 実行委員長のヴァイオリン科 五島美佳先生よりメッセージをいただきました。

 今回のテーマは、‘音にいのちあり 姿なく生きて’です。


 これは、今年、鈴木先生生誕120周年という記念の年にあたることもあり、この言葉を副題として入れたい!というのが、実行委員長としての私の願いで、表紙にも載せました。
‘どうか鈴木先生に素敵な子どもたちの音色が届きますように・・・’
という想いを込めています。


 それが、スズキ・メソードのOBでもあるヴァイオリニスト・ヴィオリストの桐山建志先生ご指導による2つのグループによる弦楽合奏であり、まだ入会したての生徒による「タカタカタッタ」のリズム演奏であり、各楽器ごとの演奏です。

 桐山先生はとても丁寧に根気強く教えてくださり、参加している生徒はアンサンブルの楽しさを体感しています。いつかは弾いてみたい憧れの♫アイネクライネで始まり、上級生によるレスピーギ♪ と2つのアンサンブルのあと、初歩の生徒が登場!
ピアノの独奏に各科ごとの演奏・・と見どころ、聴きどころ満載のプログラムです。


 ホールいっぱいに響き渡るスズキトーン、子どもたちの練習の成果をぜひお聴きください♪ 入場は無料です。ご家族、お友だちをお誘いあわせの上、ご来場をお待ちしております。


 キッセイ文化ホールアクセス

 当日のプログラムの一部を紹介します。それぞれのページをクリックすると拡大します。