歴史ある合奏団による記念演奏会が開催されます!

 1958年(昭和33年)に結成された「コンチェルティーノ・ディ・キョウト」は、才能教育研究会京都支部(現在はスズキ・メソード京都)のヴァイオリン指導者、故新井覚先生、チェロ指導者、故野村武二先生、そして指揮者の井出章夫先生によって創設された上級生による合奏団です。創立当初からのDNAを今に引き継がれている関西地区ヴァイオリン科指導者の江村孝哉先生から、メッセージをいただきました。

 「コンチェルティーノ・ディ・キョウト」が、来たる11月18日(日)、京都コンサートホール小ホールで、結成60周年の記念演奏会を開催します。

 歴史を紐解くと、第1回コンサートは、老朽化に伴って改築され、今ではロームシアターとして生まれ変わった旧京都会館が、まだ建設されていなかった1959年(昭和34年)に、祇園会館(現吉本祇園花月)で開催されました。以来、途切れることなく毎年1回定期演奏会を開催し、本年は60周年迎えることになりました。人間で言えば、還暦に当たりますが、この間、様々な出会いがありました。

 創立以来、フルートの吉田雅夫先生に始まり、ヴァイオリンのフェリックス・アーヨ、チェロの林 峰男、モーリス・ジャンドロン各氏らの巨匠とも共演。演奏曲目は200曲以上、出演者はエキストラも含めると250名以上になります。合奏団の性格上、毎年巣立っていくメンバー、新たに加わるメンバーがいますが、「コンチェルティーノ・ディ・キョウト」ならではの音、そして音楽を追求しています。

 今回は、「コンチェルティーノ・ディ・キョウト」のOGであり、内外で活躍中のヴァイオリニスト、石上真由子さんをソリストに迎え、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲第3番などを演奏します。

 スズキ・メソードは「才能は生まれつきではない」との鈴木鎮一先生の才能教育理論に基づく教育法で、音楽を通して子どもたちを育てるメソードとして世界的に知られています。その中で、ヴァイオリンやチェロを学ぶ子どもたちにとってアンサンブルの経験は、単に避けて通れないものと言うよりも、人としてこの上ない喜びを与えてくれるものです。このコンサートを通して、お越しくださった皆さまに、私たちの心を伝えることができればと願っています。子どもたちの生き生きとした演奏を生でご覧ください。

11月18日(日)14:00開演 京都コンサートホール小ホール

コンチェルティーノ・ディ・キョウト60周年記念演奏会

【会場】 京都コンサートホール小ホール
【入場料】 2,000円(全席自由)
【指揮】江村孝哉 ヴァイオリン独奏:石上真由子
【曲目】
 ・モーツァルト:ディヴェルティメント 第11番 ニ長調 K.251
 ・モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲 第3番 ト長調 K.216
 ・バッハ:管弦楽組曲 第1番 ハ長調 BWV.1066 
【主催】 スズキ・メソード京都
【問】 tel.075-661-5830(江村)