イベント情報

日本からの「夏期学校ビデオメッセージ」が、ヨーロッパスズキ協会(ESA)のサイトでも紹介されました。

2011.09.15

 このたびの東日本大震災に対して、世界中のスズキ・メソードを学ぶ子どもたちや指導者から「日本」を応援する具体的な支援が続いていますことは、このトピックス欄でも紹介してきました。その一つとして、ヨーロッパスズキ協会(ESA)からは、4月9日に収録された "Practice for Japan" のタイトルで、ESAに所属する24ヵ国の子どもたちが、日本の子どもたちのために演奏する姿が映像に収められました。


 この映像にお答えする日本からのメッセージとして、本会では8月に松本で開催された「第62回夏期学校」での子どもたちの元気な活動の様子を映像として編集し、"Go for it, Japan" のタイトルで、8月中旬より本会サイトで公開しています。


 この公開映像をご覧になられた国際スズキ協会(ISA)CEOのGilda Barston (ギルダ・バーストン)さんから「感動しました」というメッセージをいただきました。


 さらに、このほど、元々の発信元のESAの公式サイトで、日本からの映像が掲載されたことのお知らせをヨーロッパ・スズキ協会(ESA)事務局長、Sue Wimpeney(スー・ウインペニー)さんから、次のような感謝の言葉とともに、メッセージをいただきました。

「なんて素晴らしいことでしょう! 松本での夏期学校の開会式での映像に、私たちESAからのメッセージ映像である "Practice for Japan" を一生懸命に見つめている子どもたちの映像を入れていただき、とても嬉しく思うと同時に、とても誇りに思いました。私たちは、世界中のスズキ・ファミリーに見ていただきたくて、この日本からの映像をESAのサイトにアップしました。鈴木鎮一先生が、その場にいられたら、その深淵で美しい光景をご覧になられ、とても幸福に思われたことでしょう。ありがとうございました」
 世界と日本がスズキ・メソードを通して、さらに強い絆が生まれていることを感じさせる出来事でした。

 


 なお、ESAのサイトは、こちらです。 http://www.europeansuzuki.org/index.asp

東日本大震災の被災がありましたが、今年も松本では第62回夏期学校を開催。(日本からのメッセージ動画)

2011.08.19

ヨーロッパスズキ協会(ESA)からの心温まる動画メッセージに応える形で、松本で開催された夏期学校の様子をお知らせします。そのため、タイトルもテロップも英語表記です。
世界中でスズキ・メソードを学ぶ皆様に、日本からのメッセージとしてお届けします。

 

第一次支援について 「東日本大震災支援検討委員会」より

2011.05.18

2011年5月

各位

社団法人 才能教育研究会
会 長  中嶋 嶺雄
東日本大震災支援検討委員会
委員長  佐藤 文子

 PDF版は »こちら 

 この度の東日本大震災で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします。
 また、本会の義援金募集のお願いに対し、多くの皆様から義援金をいただいておりますこと、心より感謝申し上げます。
 お寄せいただいた義援金について、常務理事を中心に「東日本大震災支援検討委員会」を設け、被災された皆様へお送りする方法を検討いたしました。
 委員会では、4月11日に支援地域に該当する先生方に、会員生徒を含めた被災状況の確認を書面にて行い、第一次支援として以下の内容を決定いたしましたことをご報告させていただきます。
 なお、第二次支援以降については、今後検討し、対応をしていく予定です。
 
【第一次支援】
◆支援対象
 災害救助法適用地域の県(岩手県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、千葉県)の教室に在籍し、被災状況確認書の提出により被災が確認できた指導者および会員
◆義援金からの支援
 ◎指導者および会員
  *家屋の全壊・全流失・建て直し等の被災にあった方・・・・10万円
  *家屋の半壊・一部損壊・楽器等被害にあった方・・・ 5万円
 ◎指導者への生活支援金(3月中に通常通りあるいは振替レッスンができた指導者は対象外)
  *3月在籍生徒数×1,000円
 ◎会員
  *震災に起因してレッスン継続が困難となった方・・・1万円
◆本会としての支援
 *3月中にレッスンそのものを行うことができなかった教室の会員および指導者の3月分、

  4月分、5月分の3か月間の正会費を免除(3月中に通常通りあるいは振替レッスンが

  できた指導者・会員は対象外)
 *上記に該当する指導者の3月分、4月分、5月分の3か月間の代教事業費を免除
 *すでに納入をいただいている保護者会員正会費は、先生を通じて返金いたします
 *指導者の正会費および代教事業費は、登録銀行口座へ返金いたします

謹んで震災のお見舞いを申し上げます。

2011.03.20

 このたびの東日本で発生した大地震におきまして、被災された皆様に心からのお見舞いを申し上げます。また、被災地において昼夜を徹し、被災者救助をはじめとする災害対策に全力を尽くしていらっしゃる皆様に、厚い敬意と感謝の意を表します。

 (社)才能教育研究会におきましても、多くの指導者や会員の方々が被災されました。事態の把握に努めておりますが、最終的な被害の確認には、まだ時間を要することになるかと思われます。

 つきましては、たびかさなる余震活動、原子力発電所での深刻な災害、計画停電による混乱等の事態が今後も続き得ることを見越し、3 月29 日に予定しておりました「第53 回グランドコンサート」及び3月31 日に予定しておりました「第41 回関東、東北・北海道地区ピアノ科卒業式」を中止と致しました。いずれも本会にとりまして歴史あるコンサートであり、卒業式でありますが、子どもたちの安全を第一義に、そのようにさせていただきました。

 一方で、被災地の現状に胸を痛めている国内の会員や指導者たち、OB・OG の皆様を始め、世界中のスズキ・メソードを学ぶ仲間たちからも、ご支援のお申し出が届いております。また、楽器を支援したいという国内の楽器店様からの温かいメッセージもいただいております。

 このような状況に鑑み、(社)才能教育研究会は、取り急ぎ100 万円を松本市経由で被災地に向け、義援金として送らせていただきます。

 同時に、被災地に向けた義援金の募集を開始することにしました。また、海外からのご支援につきましては、英語版サイトのトップページをご覧ください。
 ・国内からの義援金募集について
 ・海外からの義援金募集について

 今後、被災地の皆様のみならず、日本全体を勇気づけるようなチャリティコンサートの実施など、音楽を通して人間教育を展開してきましたスズキ・メソードとして、私たちの活動が皆様の心のよりどころの一つになれますよう、力を注いでまいります。

2011 年3 月20 日
社団法人 才能教育研究会
会長 中嶋嶺雄

前の4件123

このページの先頭へ