イベント情報

エル・システマ創設者 ホセ・アントニオ・アブレウ博士 3/24ご逝去

2018.03.26注目トピックス

エル・システマ(音楽教育プログラム)の創設者、ホセ・アントニオ・アブレウ博士が3月24日に亡くなられました。享年78歳。心よりお悔やみ申し上げます。


博士は1975年に無料で子どもたちに楽器を与え、クラシック音楽の基礎知識や演奏を教えることにより、健全な成長をはかることを目的に、ベネズエラにエル・システマを立ち上げました。多くの子どもは貧困層で、資金はベネズエラ政府や寄付によってまかなわれています。


このエル・システマの基盤が確立されていくにあたっては、鈴木鎮一先生に師事したヴァイオリニストの小林武史氏とアメリカ・スズキ協会初代会長のウィリアム・スター先生による、ベネズエラ訪問とアブレウ博士との交流が大きく関与しています。スター先生はエル・システマ設立直前の、1971年と1973年にアメリカのテネシーの子どもたちと共にベネズエラを訪問、熱烈な歓迎を受けています。


エル・システマジャパンの子どもたちは第54回スズキ・メソードグランドコンサート(4月4日・両国国技館)で、スズキ・メソードの子どもたちとベートーヴェンの「交響曲第7番第4楽章」で共演します。

このページの先頭へ