イベント情報

公益社団法人才能教育研究会はエル・システマジャパンと事業協力協定を締結しました。

2018.08.07注目トピックス

 2018年81日、エル・システマジャパン(菊川穣代表)と公益社団法人才能教育研究会(早野龍五会長)は事業協力協定を締結しました。当日は菊川代表が夏期学校期間中の早野会長を才能教育本部に訪ね、調印式が行われました。調印式終了後はさっそく夏期学校を見学され、先生方のユーモアあふれる明るいレッスンと、子どもたちの元気な演奏姿を熱心に見学されておられました。

 今回の事業協定では、昨年からスタートしている長野県駒ケ根市でのエル・システマの子どもオーケストラ練習への当会指導者の継続派遣や子供用弦楽器の寄贈協力などを皮切りに、更に様々な協力をしていくことをめざしています。また、本会とエル・システマジャパンの関わりは既にエル・システマの積極的な広報活動を通じて広く紹介されていますが、今後更にそれを強化していただき、当会が当会会員以外の多くの方に知っていただけるようになることも期待されます。

詳細はマンスリースズキ8月号に掲載されております。

http://www.suzukimethod.or.jp/monthly/teiketsu.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

        昔使った楽器を寄付していただけませんか?

 

 当会と事業協力協定を結んだエル・システマジャパンの駒ケ根市の子どもの オーケストラの本格的な練習が始まろうとしています。駒ケ根市では既に100名近くの応募があり、9月から大編成の本格的な練習が始まります。

 エル・システマ駒ケ根ではまだ少量の楽器しか確保されておらず、多くの子どもが楽器を待っている状態です。楽器はバイオリンとチェロで、特に1/4のバイオリン10丁を9月中旬までに必要としています。

 おうちに長い間使っていない昔の楽器があるかたはエル・システマに寄付していただけませんか? もちろん1/4バイオリン以外の楽器も大歓迎です。ご対応していただける法は直接下記のエル・システマジャパンのホームページにアクセスしてください。

(->http://www.elsistemajapan.org/donateinstruments

このページの先頭へ