0〜3歳児コース特別講師、村尾忠廣先生による「英訳一茶100句集」書評!

 

 

村尾忠廣先生

「英訳一茶100句集」に対して、0〜3歳児コース特別講師の村尾忠廣先生(写真)から独自の視点による書評が届きました。著者の宮坂勝之先生、切り絵作家の柳沢京子さんも大変に喜ばれたこのユニークな書評を、マンスリースズキではいち早くお届けさせていただきます。

 

書評             

100 Enjoyable Haiku by Issa in English and Japanese
Selected by Shin’ichi Suzuki
英訳一茶100句集
俳句を学び英語を学ぶ
鈴木鎮一/選
宮坂勝之、宮坂シェリー、柳沢京子
 
 鈴木鎮一先生が選定された小林一茶100句集が英訳され、近々出版されるということを早野会長から聞いておりました。鈴木先生の選定された100句をすべて英訳するとなると、それだけで画期的なことです。ところが、実際に出版された本書を手にして私は驚愕いたしました。日本語のタイトルは「英訳一茶100句集」となっていますが、英文タイトル100 Enjoyable Haiku by Issa in English and Japaneseが示しておりますように、本書は英語・日本語が対等に組み合わされた一茶俳句の解説、解釈本なのです。日本語の解説部分だけをとっても私にはその内容がすこぶる刺激的で、読みながら興奮いたしました。ましてや英訳俳句につきましては、私自身、日本語、日本音楽のリズムと英語、洋楽のリズムとの関係に長年興味と関心を抱いてきましたから、ワクワクしながら読ませていただきました。さらに、本書には志の輔師匠とパックンによる俳句の音声ファイルが付嘱されています。一茶の俳句をどう英訳するかということに加えて、その俳句がプロフェッショナルな人によって演奏(音読)されているのです。興味津々たるものがあります。あまりに面白かったために、ついつい長文になってしまいましたが、以下は、本書から私が学び、考え、そしてまた新たに思いついたことなどを綴ったものです。
 

一茶の句に秘められた裏の意味を知る

 一茶の句の中でも81番に収められた「桐の木や てきぱき散って つんと立つ」は、私の大好きな句の一つでした。桐の大きな葉が散るさま、いや散ったさまでしょうか、いずれにせよ「てきぱき」と表現しています。それがなぜか心地よく響きます。ネット上には、桐の花が「てきぱき散って」と解説されているものがありますが、花はてきぱきとは散らないでしょう。本書の解説や英訳では、はっきり 「桐の葉」とされています。私は当然だと思います。その葉がすっかりなくなると、幹と枝の形が浮かび上がってきます。その凜とした姿にたくましさのような何かを感じ、それを「つんと立つ」と表現したのでしょう。「てきぱき散って つんと立つ」、そう声を出して唱えるだけで楽しくなります。私でさえそうなのですから、小さな子どもはもっと楽しく大きな声で暗唱してしまうのでしょう。残念ながら、私はこの句にこれ以上のことを考えたことがありませんでした。ところが本書にはこの句の背景が次のように記されているのです。

 「昔は女の子が生まれると、嫁入り道具用に桐の木を植えたもので、一茶もそうしました。葉の落ちる時期になり、伸びやかに立つ桐の木の成長を見て亡き娘を偲んでいます」

 そういうことだったのか、と思わず声に出してしまいそうになりました。言われてみれば、花嫁道具と言えば昔は「桐の箪笥」です。私も子どもの頃に親からよく聞かされておりました。しかし、恥ずかしながら、私はこの句のそうした背景に気づくことなく、言葉のリズムと響きを楽しんでいたようです。背景を知ると、途端に本書に解説された「俳句とは」の一文が思い起こされてきました。

 「俳句の本質は作者の心の表現です。短さ、簡潔さのために丁寧な説明は省かれます。限られた語数、〈切れ〉がもたらす余韻(言葉が終わった後に残る感情)があることから、解釈は読者の思いで自由に広げられ、深められます。読者はある時は作者の心に入り込み、またある時には自分の思いに重ねて、語感、行間、そして余韻を含めて思い思いに解釈します」

 私はこの句の背景を知ることで「作者の心に入り込む」自分を感じたのですが、この時、「〈切れ〉がもたらす余韻」を感じたのです。〈切れ〉と〈切れ字〉については別個に説明がなされていますが、この句で言えば、「桐の木や」の「や」で一旦止まるように切れています。この切れるために置かれた文字が〈切れ字〉の「や」です。「や」で止まることで、桐の木を植えた時のこと、女の子が亡くなった時のこと、その他様々なことが一瞬脳裏を過ぎるのでしょう。私はこの句の背景を知ることで、切れ字のもたらす感嘆、余韻をも体験することになりました。
 
 さて、本書には他にもたくさん私の知らなかった句の背景があります。中には誤解をしていたこともありました。例えば、「我と来て 遊べや親のない雀」では、親雀は何かの理由で亡くなったのだろう、と勝手に受け取っていました。本書では、簡潔な解説とは別に「追加情報」として雀の親子の習性が述べられています。親雀は、亡くなったわけではなく、雀の子が自分で生きていけるように少し離れたところから見守っているのでした。正直、あまり好きではなかった句ですが、そういうことを知ると途端に親しみが湧いてきます。同じような例は、長崎に行った時に作られたという「日本は、入り口から 桜かな」や人の魂を思い起こさせるという「大蛍 ゆらりゆらりと 通りけり」など、あげてゆけばきりがありません。もっと述べたいのを我慢して次に移らせていただきましょう。
 

プロフェッショナルな俳句演奏(音読)の音声ファイル

立川志の輔師匠

 本書には俳句を朗読した音声ファイルが付属されています。まさしく画期的なことです。音楽では、作曲家による作品があり、これがいつどういう状況で作られ、どういう音楽構造になっているか、という音楽学者による研究があり、さらには、これらを踏まえた演奏家による演奏があります。そういう意味から言えば、本書は音楽のようです。一茶により作られた俳句作品があり、宮坂先生による解釈、解説があり、これをプロの噺家、立川志の輔と英語ネイティブスピーカーで役者のパックン(パトリック・ハーラン)が朗唱しています。彼らはいわばプロの演奏家です。句に込められた一茶の思い、その宮坂先生の解釈、これらを踏まえて声にしています。前述の「桐の木や・・・」の句について言えば、

パックン

志の輔師匠は「や」で一旦声を落として〈切れ〉を作り、その後の「てきぱき」では声を高くし、文字通り〈てきぱき〉と発声しています。私が特に面白いと思ったのは、その後に続く「散って」です。「て」の声を柔らかくしながら抑揚をつけて持ち上げるようにして「間」をとり、それから待ち構えていたかのようにしっかりとした声で「つんと立つ」と決めています。見事です。

 音声ファイルは、句が2回繰り返して読まれますと、その後、少しの間、何も音がありません。ここは、志の輔師匠の朗唱(摸唱)を聞き手が模唱するところなのです。ヴァイオリンのお稽古と同じように、お手本を聴いてそっくり模唱する、そういう場所が設けられています。つまり、本書は、解説本、英訳本であると同時に学習本としても工夫されているのです。模唱の後、宮坂先生の書かれた解説文を志の輔師匠が読んでいます。この解説文の語りがまた素晴らしい。さすが、プロの噺家です。
 さて、パックンの方はどう演奏(朗唱)しているでしょう。私はネイティブの英語スピーカーではありませんから、英訳された俳句を示されてもどういうリズムで音読すればよいかがわかりません。たとえば、第1番の “A little kitten”(猫の子の・・・)は俳句の5・7・5のリズムを英語のシラブルに適用しています。詳しくは後ほど述べますが、英訳は実に見事です。しかし、フランス語やイタリア語のようなsyllable-timed rhythm (シラブル間をほぼ等間隔に発音するリズム)と違って英語はストレスのある間隔(Foot)を等しくとるstress-timed rhythmです。果たして、パックンはシラブルを等間隔にした5・7・5のリズムで朗唱するのでしょうか。それとも、読むときには英語のリズムを優先するのでしょうか。ワクワクしながら聴いてみました。正確ではありませんが、パックンが詠んだリズムを楽譜にするとほぼ次のようになります。 
 
  
 明らかに、5・7・5のリズムでは詠っていません。このリズムは確かに存在するのですが、潜んでいることになります。不定冠詞のAはアウフタクトであり、楽譜にすると3拍子のようです。ただし、休符のところは進んで行く拍ではなく、止め(切れ)のように感じられます。通常の英文ならば主語の後に動詞が置かれてA little kitten tries to huntのように続くでしょう。しかし、英訳俳句はA little kittenの後に動詞が続いていません。そこで途切れたような感じです。途切れて1拍分の間をとり、いきなりhuntingと始まります。これは動名詞というより現在進行形 “is hunting”のbe動詞が省かれたような感じがします。猫の子が今動いているイメージです。パックンが実に上手くその動きを表現しているのですが、朗唱(演奏)のリズムは私の意表を突くものでした。little kittenはそれぞれ「2シラブル1ワード」に1拍が割り当てられていたのですが、huntingは同じ「2シラブル1ワード」でありながら、休符も含めて2拍半も間をとっているのです。そしてandをアウフタクトのようにして急き込むようにalmost に飛び込み、catchingで止まります。パックンはこの後、息を深く吸ってテンポを落とし、緩やかにfallen, blowingと抑揚を上に回すようにしています。木の葉の舞い落ちる様子を声で描いたのでしょう。最後は上がった抑揚から落ちるようにleavesで締めくくられています。旋律はありませんが、実に音楽のような演奏(朗唱)です。
 第2番のBig umbrella leaf (蕗の葉に・・)も5・7・5のシラブルリズムで作られていますが、パックンの朗唱は第1番とよく似ています。これに対し、5・7・5シラブルで作られ、朗唱においてもこのリズムが良く合っているような句があります。これについては、英訳の問題と深く関わってきますので後で論ずることにいたしましょう。その前に、本書のもう一つの素晴らしい特徴、切り絵とイラストについて述べておきたいと思います。
 

切り絵とイラスト

 本書を手にして最初に引き込まれたのは、俳句に付けられた切り絵の美しさです。私は切り絵についての知識がまったくなく、本書の解説で作成に至る複雑な手続きを少し知った程度に過ぎません。しかし、黒をベースにほんの少し色を添えたこの切り絵は、私の大好きな絵本「花咲山」の絵(滝平二郎)に通じるものがあります。そのためか、一目で親しみを覚えました。もちろん、滝平の絵は木版画ですから、本書に添えられた柳沢京子さんの切り絵とは何か基本的に大きな違いがあるのでしょう。その辺のところはわかりませんが、「花咲山」の物語と一茶の俳句の違いがそのまま反映されている、ということだけはよくわかります。たとえば、一茶の俳句にはユーモラスな小さな動物を詠んだものが少なくありません。「蕗の葉に 飛んでひっくり 蛙かな」は俳句そのものがユーモラスなのですが、ここに添えられた切り絵を見るとさらに可笑しくなってしまいます。「蕗の葉」は英訳ではBig umbrella leafとなっていますが、絵は文字通り巨大な傘のように描かれているのです。葉は白黒ですが、その下の方にずれた背景は薄緑色、真ん中背景には微かに薄黄色が添えられています。葉の下にはひっくり返った蛙がいて、その横がちょっぴりピンクがかった薄茶色です。普通に考えれば、蕗の葉や蛙の上に直接色を載せそうなものですが、なぜかそうしていません。私にはよくわかりませんが、もしかしたら、ずらして背景のように色を添えていることで、ちょっとした立体感とか動きを作り出しているのかもしれません。いずれにしても、この絵が添えられることで、俳句がいっそうユーモラスになってきます。こうした例はたくさんあるのですが、本書の表紙もまたユーモラスで楽しいものです。

 

表紙

 表紙では、何と蛙と雀が日本橋の前に立って手を繋いでいます。蛙と雀は本書の中でももっともよく出てくる動物ですから、代表して挨拶しているのでしょうか。一茶もこちらを向いて挨拶しているようです。ここでは、蛙も雀も、そして一茶にも直接色が添えられています。遠く富士山が顔を出していて遠近がくっきりしていますから、背景的な色つけは必要ないのでしょう。日本橋の上には大きな桜がいっぱいです。「日本は 入り口から 桜かな」と一茶の句を例にしながら本書の案内をしているのでしょう。案内されてページをめくり、中に入ると、左上段にカルタを縁取ったような切り絵が置かれ、最上段には横書きで平仮名とローマ字で俳句が書かれています。これは、おそらく日本語が読み書きできない人に日本語の俳句を体験してもらうためのものでしょう。切り絵の右には縦書き3行で大きく日本語俳句が書かれています。その下は、同じく大きなフォントで書かれた英訳俳句が横書きで書かれ、すぐその下に小さなフォントで英語と日本語の解説が書かれています。このレイアウト、使い勝手を最優先に相当練りに練って作られたものではないでしょうか。1ページに凝縮されたこのレイアウトにも拍手喝采を送りたいと思います。

 

日本語・英語のリズムと俳句の英訳

 さて、最後になりましたが本書の最大の偉業である一茶英訳俳句についての私の感想を述べさせていただきます。
 私は、英語の俳句は無理ではないか、と長く思っておりました。その最大の理由は、英語が強勢拍リズム(stress-timed rhythm)リズムであるのに対し、日本語はフランス語やスペイン語と同じような音節拍リズム(syllable-timed rhythm)になっているからです。本書では英語のシラブルと日本語のモーラの違いが説明されていますが、英語やドイツ語に代表される強勢拍リズムについて述べられていませんでしたので、ここで少し付け加えさせていただきます。音節拍リズムがシラブルを等間隔に発音するのに対し、強勢拍リズムは強勢の置かれた拍の間(foot)を等間隔にします。物理的に測定しますと等間隔ではないのですが、心理的にはそうなるようです。例として、一茶俳句の2番、「Big umbrella leaf (蕗の葉に・・・)」を取り上げましょう。パックンは、およそ次のように詠んでいます。(1回目と2回目で少しリズムが異なりますが)
 

 Bigは1シラブル、umbrellaは3シラブルなのですが、各シラブルを等間隔にするのではなく、強勢のある言葉の間隔(foot)を等しくして詠んでいます。面白いのは、中間部分が2倍近い等間隔になっていることです。私は黒丸で示した強勢拍を軽く膝を叩きながらこの俳句を詠んでみました。面白くて、楽しくて、つい何度も繰り返してしまいます。何回かやっている内に、何故か英訳のこの句の方に〈切れ〉が感じられるのです。「蕗の葉に 飛んで」は繋がっていて切れていませんし、「ひっくり 蛙」も掛詞で繋がっています。ところが、「Big umbrella leaf」はそこに切れ字がないにも関わらず俳句の〈切れ〉があるかのように感じられます。「then plop!」の後も同様です。これは確かに英語のHaikuです。私はこうした英訳俳句を楽しむことができるようになって、それまでの考えを変えました。その上で、さらに面白い発見です。
 第1番、2番の5・7・5シラブル英訳俳句は、英語の強勢拍リズムで詠んだものでしたが、本書に収められたものの中には音節拍リズムで詠んでも面白いものがあります。その例としてBaby on her back(子を負うて・・・)を取り上げてみましょう。パックンはほぼ次のように等拍音節に近いリズムで詠んでいます。(ただし、coldは長めに、andは短くしている)
 

 このように楽譜に書いてみれば、まるで歌のようです。考えてみれば、英語でも歌うときにはしばしば音節拍(syllable-timed)リズムになります。例えば「キラキラ星」です。Twinkleもlittleもそれぞれ2シラブルですが、Twinkle, twinkle little star, how I wonder what you areというように1シラブルに4分音符を等間隔において歌っているのです。
 

唱歌風

わらべ唄風

 とっさに、Baby on her backをEnglish haiku songにして歌ってみてはどうか、と思いました。実際に、日本のわらべ唄風のものと機能和声のもの(唱歌風)と2種類作ってみました。わずか17音の歌ですが、私はEnglish haiku songとして気に入っています。これらの楽譜を見ながら、下記のサンプル音源でお楽しみください。

 
Baby on her back.aiff(唱歌風)
Baby on her back (Tonal).aiff(わらべ唄風)
 
 さて、英訳俳句には以上のように5・7・5のシラブルで作られたものがあるのですが、本書に収められているのは100句中27句のみです。基本的には、5・7・5にこだわらず、英語のリズムで3行形式の俳句にしています。そのことを最もよく表しているのが「露の世は 露の世ながら さりながら」の英訳です。当初は、5・7・5のシラブルによる英訳を試みたようですが、最終的には「英語としてより詩的で美しい響きを重視」して以下のような英訳俳句になった、と説明されています。
 
The world of dew,  is the world of dew,   and yet, and yet
 
 英語も俳句もまったく素人の私がこういうのはおこがましいのですが、この英訳俳句は実に見事だと思います。もちろん、見事であるのはこの句だけではありません。実は、失礼を承知で、他の人の英訳と比べてみました。一茶俳句の英訳はいろいろありますが、もっとも名高いのはNanao Sakaki (ななおさかき)による一茶俳句の英訳本INCH by INCHでしょう。一例を挙げてみます。「やれ打つな 蝿が手をすり 足をする」の英訳です。Nanao訳は次のようになっています。
 
Don’t swat the fly   who begs your pardon   wringing his hands and legs
 
 これに対し、本書の英訳は次の通りです。
Don’t swat!    see the fly rub its hands   rub its feet
 
 比べてみますと、Nanao訳は少し説明的であるような気がします。この点、宮坂訳は簡潔で何よりリズミカルです。声に出すと、思わずflyhandsを跳ね上げてしまうでしょう。rub itsが繰り返されていたりするのもまた楽しく、まるで音楽のようなリズムです。5−7−5ではなくとも、これはまさしくHaikuのリズムだと思います。日本の小さな子どもでもこのリズムならば喜んで楽しそうに暗唱するのではないでしょうか。何だかその姿が眼に浮かぶようです。
 
*************

 
 本書を通じて私は実にたくさんの面白い発見をし、勉強させていただきました。スズキの指導者、生徒さんはもちろんのこと、世界中の様々な人にまで本書が知られ、読まれ、理解されることを心より願っております。
 

スズキ・メソード0〜3歳児コース 特別講師
村尾忠廣