一茶の世界を見事に描写した「企画展〜一茶100句の英訳ときりえ展」

 「英訳一茶100句集」に素敵なきりえを発表されている画家の柳沢京子さんの「きりえ展」が、信州黒姫の一茶記念館で、4月17日(土)〜7月4日(日)の期間、開催されます。原画20点ほどの展示で、一茶の俳句の世界をより深めていただけるでしょう。
 
企画展の概要
・日程  2021年4月17日(土)~7月4日(日)
      ※休館日:5月31日(月)、6月30日(水)
・会場  一茶記念館 →公式サイト
     長野県上水内郡信濃町大字柏原2437-2
     tel.026-255-3741
     →メールアドレス 
・内容

【一茶のユーモアが、沈みがちな想像力に強い刺激を与えます】
松本市発祥の「スズキ・メソード」(公益社団法人 才能教育研究会)の創設者鈴木鎮一氏が選句し、幼児期に記憶力を高める教材として現在でもスズキ・メソードの教室で、家庭で活用されているのが「一茶百句かるた」です。2020年12月、スズキ・メソードを深く愛する宮坂勝之・シェリーご夫妻の翻訳と、長野市のきりえ作家柳沢京子さんの作品により「一茶百句かるた」が「英訳一茶100句集」に生まれ変わりました。本企画展は同書と連動して、音楽と世界をつなぐ一茶の俳句を、文化の違いを考え抜いた英訳と、柳沢さんの温かみのあるきりえで紹介します。

 
・展示点数 柳沢京子さんのきりえを中心に約20作品(展示替えあり)
・開館時間 9:00~17:00
・入館料  一般500円、小中学生300円