始めるにあたって

特別な経験は必要ありません。

 
楽器に触れたことがなかった方でも大丈夫です。
久しぶりに、楽器を演奏してみたいとカムバックされる方も大歓迎です。
お孫さんとご一緒に始めようかな、というあなた。素敵ですね。
スズキ・メソードでは、経験豊かな指導者が、懇切丁寧にレッスンを行ないます。
演奏の基本を学びながら、音楽を楽しむ人生の新たなステージを味わってみませんか?
 

事前の見学ができます。

 
どの教室も基本的に事前の見学ができます。
どんなレッスンだろうか、自分にもできるだろうか、きっといろいろな不安がありますね。
まずは、ご自分の目で、見学をして、教室の雰囲気をご覧になってみてください。
すでに「大人のクラス」を実践している地区や教室があります。
お気軽にお問い合わせください。

 

スズキ・メソードは会員制です。

 
スズキ・メソードは公益社団法人として認定されております。
どの地区でレッスンを受けられるにしても会員登録をしていただくことと毎月の会費納入が必要です。
 
 ・会員登録費(入会費):5,000円
 ・月謝:指導者によって、指導曲集の巻数によって違いますので、直接お尋ねください。
 


スズキ・メソードの特徴

耳で聴いて学習します。

 
・スズキの指導曲集は全世界共通です。
・ヴァイオリン、ピアノ、チェロ、フルートの4科があり、それぞれの指導曲集には模範演奏CDが付いています。
・レベルに応じた親しみやすい名曲で構成されています。
・理論から入るのではなく、まずCDをよく聴き、それをマネることから始めます。
・耳で聴いて言葉を覚えるように学習する、これをスズキでは「耳を育てる」と呼び、基本にしています。

繰り返しを大切にしています。

 
・レッスン曲が一通り弾けるようになった時からが練習のスタートです。
次の曲に移ってからも毎回前の曲の訓練を行ない、「音」をさらに立派にしていきます。
・模範CDと一緒に弾く訓練を推奨しています。

グループレッスンにも特徴があります。

 
・グループレッスンでは、年齢差やレベルの差を越えて、皆が一緒に同じ曲を勉強します。
指導曲集の曲を一緒に弾く「斉奏」によって、クラスの音作りも行なわれます。
・大人の生徒さんにとっては、巻数が先に進んでいる小さな「先輩」たちがお手本になります。
(聴いて育つ、身に着くまで繰り返す結果として)暗譜でのレッスンが基本です。
・上級生は初歩や小さな子を見守り助ける、初歩の生徒は上級生に憧れを持つ機会となります。
・皆でいい演奏ができるように、協調性や責任感が養なわれていきます。 
・この経験が音楽の到達点としてアンサンブルへの興味に繋がります。

※ピアノ科のグループレッスンについては、各教室にお問い合わせください。
  


世界に拡がるスズキ・メソード

 
・外国ではスズキ・メソードは日本からの文化輸出のような観点で受け入れらています。
・出張先の海外で、仕事相手の方と楽器を演奏する喜びの共通の話題が見つかるなど、素敵な出会いがあるかもしれません。  

生涯教育としてのスズキ・メソード

 
・同じ教室の中で、大人は子どもたちの成長を喜び、見守ります。そして、子どもたちは大人たちが自らを高める姿を目標にしていきます。そこには、自然と世代を超えた意義深いコミュニティーが生まれ、生涯教育の場に育ちます。大人の生徒さんが一緒に学ばれる教室は、生涯教育の実践の場、ということになります。 

生き生きとした毎日を送るために

 
健やかに生き生きと暮らすことは誰もが望むことです。そのためには、体の健康だけでなく心の健康も大切です。元気で充実した「健康寿命」を延ばす生きがい作りの場として、スズキ・メソードで一緒に音楽を楽しみましょう。



スズキ・メソード宇都宮支部(栃木県宇都宮市)

子どもたちがヴァイオリンを習うのに、お母さんたちもヴァイオリンを習ったほうが、家庭での学習に効果があると考えた宇都宮支部では、ゴセックのガヴォットまでを弾けるようにする1年間の「大人のヴァイオリン教室」があります。さらにアンサンブルを学びたい意欲的な方々が、「大人のヴァイオリン・アンサンブル」を楽しんでいます。

中島顕先生クラス(愛知県名古屋市など)

2003年頃に生まれた中島先生クラスの大人たちの合奏会は、いつしかドリームチームとネーミングされました。今では月1回の合奏会、年1回の秋合宿に発表会と、チェロを通しての音楽活動に楽しく取り組んでいます。東京や大阪、福岡の他の教室で学ぶ生徒さんたちも随時参加することで、仲間の輪が広がっています。

 

植田理恵先生クラス(山梨県南アルプス市)

クラスのムードメーカー的な役割も担う齊藤真理さんは、福祉の仕事に追われながらも、練習時間を確保されています。レッスンにお邪魔しますと、フルート科独特の体操に始まり、スケール、エチュードなどをみっちり吹き込まれた後は、フランクのソナタ第1楽章をレッスン。植田先生の熱を帯びたご指導に、一生懸命応えていらっしゃいました。

永田香代野先生クラス(神奈川県鎌倉市)

長女が通えるピアノ教室をインターネットで探していた佐藤友子さん。平日は仕事をされているため、土曜日のレッスンで、家から通えるところを検索したところ、永田香代野先生の教室がヒット。さっそくご主人の秀比古さんと二人の娘さんと一緒に門を叩いたのが、2015年の6月でした。2016年1月には発表会も経験しました。

 

下記の楽器別アイコンをクリックしてください。
大人を受け入れ可能なスズキ・メソードの教室検索ページに移動します。
都道府県別に検索できます。

  
 
 

ヴァイオリン科

 

 
 

ピアノ科

 

 
 

チェロ科

 

 
 

フルート科

 

 

 

①ご希望の楽器で、大人を教えるお近くのスズキ・メソードの教室を探します。

上の楽器のアイコンをクリックして、お近くの教室を探しましょう。

各科ごとに、都道府県別、地域別にご案内しております。

お住いの近くや、職場への行き帰りの経路に近いところなど、便利なところをお探しいただけます。

 

②フリーダイヤルでも、ご案内しております。

0120-556-414 にお電話をください。

平日の9:00〜17:00まで受け付けております。

オペレータと直接会話ができますので、いろいろなお問い合わせにも便利です。

 

③メールでも、お気軽にお問い合わせください。

cs@suzukimethod.or.jp

上のメールアドレスをクリックし、お問い合わせください。24時間受け付けております。

事務局からの返信には、2日程度のお時間をいただくことがあります。

 

④教室の見学については、直接、各指導者にご相談ください。

お目当の教室が決まりましたら、直接教室の連絡先にご連絡ください。

各教室に記載されている電話番号、もしくはメールアドレスをご利用ください。

 
 


 

Q: 楽器を持ち合わせていないのですが?

教室、指導者によってはレンタル方式が可能なところもありますし、楽器購入の場合のアドバイスや楽器店のご紹介なども可能です。教室で、指導者にお気軽にお問い合わせください。

 

Q: この年になってからでは手遅れ

スズキ・メソードは単に楽器の習得を目指しているのではなく、音楽を通しての豊かな感性、人間性を高める教育システムです。始めたいと思った時がスタートの適齢期です。

 

Q: 仕事との両立ができるかしら?

好きなことは続くものです。趣味の時間を設けることで、かえって仕事に関わる時間を効率的に過ごすようになるという例は、たくさん耳にしています。

 

Q: 楽譜がまったく読めないのですが?

ご安心ください。楽譜が読めなくても、スズキ・メソードは耳から聴いて、音に出すことから始めますので、最初は楽譜が読めなくても大丈夫です。曲を進めていく中で、次第に楽譜が読めるようになります。

 
Q: 数十年ぶりのトライになるのですが?

かつて楽器を経験された方が、お仕事を退職されたのをきっかけに、楽器をまた始めてみようかという方や、お孫さんが始めたので、ご一緒に始めてみようという方も多くいらっしゃいます。どんな時も、興味を持たれた時が、始めるいいチャンス。お持ちの古い楽器のリペアについては、指導者にご相談いただければ、アドバイスすることができます。

 
Q: 暗譜は、苦手なんですが?

大人の方は、練習時間をたっぷりとることが難しいでしょうから、暗譜はみなさん、苦労されていますね。それでも、通勤時間や家事のお仕事の合間に、演奏曲のCDを聴いていると、自然に耳が育ってきます。これは大人の場合も同じです。根気よく、一歩一歩進んでいきましょう。いつしか暗譜で弾けるようになりますよ。

Q&Aの最終更新日 :  2016-12-08